ほっこり生活

2016年05月21日

ここちよい暮らし講座5月


ここちよい暮らし講座2 〜5月レポート〜
テーマは、「パーマカルチャー」

シャンティクティツアー(kenji-i 案内) ちと私の補足加筆あり

〜パーマカルチャーの様々な要素を基に、
シャンティクティにはいろいろなものが作られている。
パーマカルチャー塾(実習コース)で、
私が以前に学んだコンポストトイレもその一つ。
それから10年程の月日が経ち、進化したシャンティクティのツアーです〜


なにもしないと森に向かう
ギリシャ、ローマ...かつての四大文明は、今は砂漠

日本人の暮らしを世界でしようとすると、地球が2.5個必要
more more教(モアモア教)から taru taru教(足る足る)へ。

ティク・ナット・ハンの言葉
" you have enough " 〜あなたはもう十分にもっている〜
DSC06817

ストロベイル 
藁、漆喰
「三匹のこぶた」のなかでは一番弱かった藁。
果たしてそうであるか? 
資本主義の限界 善と悪を超えた第三の世界へ
福岡正信 ジョンレノン 
ガンジー 無抵抗 無服従 同じ共通意識を持った人と在るしあわせ
DSC06819

籾殻ボイラー
地下資源をなるべく使わない
DSC06820

バイオジルフィルター
水の浄化システム
雨水を樽にため、水の流れのなかで酸素が入り浄化され、
小さい池に流れこむ
DSC06821

パーマカルチャー 1970年代 
ビル・モリソンとデビット・ホルムグレンによって提唱
持続的な暮らしのデザイン
持続的、多様性、調和
人への配慮、地球への配慮、余剰物の公平な分配

日本の里山文化 江戸の文化
自然農は善悪をこえた世界

参考図書「東アジア四千年の永続農業」(農文協)
 
" problem is solution "  問題(こそ)は、解決(の糸口)


ロックスパイラルガーデン
石を螺旋に立体的に配置する
石の蓄熱、上部は乾燥、下部は湿り気といった微気象を活かして、
そこに適した植物を植える 
DSC06823


キーホールガーデン

曲線による多様性を活かす
手の届きやすいベットガーデン 
曲線によって微生物(落ち葉なども)がとどまることも。
またその肥沃な土をなかのベットに入れたりもできる
DSC06824

かまど アースオーブン
熱の利用による温水システムもある
かまどの焚き口も多く、温水システムまである
こんな多機能なアースオーブンはみたことない!すごーい。

DSC06825

(モバイルしない)モバイルハウス
車の荷台に乗るサイズで、コンパクトでそこですべてがまかなえる家
DSC06826

家の内部
DSC06827

池 
その場所の観察で、じめじめしていた場所を掘り、池を作った
(パーマカルチャーではまず観察すること、が大切)
セリやマコモが育つ 野草を食べることができる
DSC06828

作業道具小屋と育苗ハウス
DSC06829

曲線のおうち ホビットハウス 
アースバックハウス 土嚢を積んでつくったおうち
DSC06830

シードハウス(種のおうち)種を保存している
アースバック、たたみベール(断熱効果)
DSC06831

曲線の美しさ かわいい建築 いいなあ
DSC06833

ティピカーデン
竹三本を結わいて、下から竹をかけてひもを回してゆく
12本で安定する
ビニールをかけたて、13本目を上からかければ温室に

DSC06834

優れもののじょうろ 
ふるいがつけられているので、詰まりしらず。
なかに細かいゴミがはいらず、スムーズに細かい水がかけられる

DSC06835

ライ麦で
DSC06840

ドアチャーム作り
DSC06839










sorayuki_1 at 06:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月31日

往く年2012


今年は、テレビをほとんどつけずに過ごしたけれど
こんなに政治、国際情勢が気になった年はなかったと思う

そのニュース、出来事をみるにつけ
失望感のようなものを感じていた
でもなんだか必死な気持ちで


原発のこと、いろいろと
大方の国民の流れ(?)について

「本当を知らないからだ」
テレビ、マスコミの方向しかみないとそうなる。
と、だけで、
はたして今の流れを納得できるのかというと
そうでもないようにも思う

「知ったほうが正しい」
というのは、これまたちがうようにも思う


やっぱり現代社会の日本人は
昔ながらの人の有り様とは多くの人がかけ離れ、それを忘れてしまい、
「あたりまえの暮らしに感謝する」ことの意識を
持ち得なくなってしまったのではないかと思う。

DSC00471

例えば
日々、私たちは食べ物を食べる
でも、食べ物は「モノ」ではなく「いのち」なのだということや
誰かが、それを育てたり、収穫したりして、
そして料理がされて
今自分が食べているということへの距離がそれぞれにあまりに遠い


ひとつその、いのちを繋げる「食」の距離をふりかえるだけで
「つながり」を取り戻すことができる

「つながり」を自分のなかに持つことは
そのつながりを大切にする思いを育む

それは
土であり、また人でもある

DSC08609


土を想い、人と想うことを知っている人は、
決して、原発のこと、いろいろのこと
から
目を反らさない


「本当を知る」ということのほんとうは、
「本当の情報を知る」ということではなく
「命の理」を知るということなのではないかなと思う

DSC02412


だから私は
3.11以降
心のなかで渋ってしまった「土」との距離を
自分のなかで取り戻そうと思う
現状をみながら、受け入れて
そして、それ以前に深く慈しみながら寄り添ってみようと思う

幸い私は
その心地のよさを知っている

きっと
永い古から続いてきた自然の理が、
私のなかの不安を消してくれるだろう

DSC07913

来る年2013年は
そんな年にしたい

自分のなかに
足るを知る暮らしを創り
子どもたちにも、それを少しでも伝えられるように
田んぼでは、その自然とともにあるがままに受け入れられるように


今の社会になんとなしの失望感や怒りの感情を抱くだけでは
生きられない

私はやっぱり心穏やかにいたいだけ
そのためのいちばんは
私にとっては「土とともにあること」
そこからはじまる

DSC09874


今までずっと思いだけ抱えていたものを
行動するとき
がんばりすぎずも、頑張ってみたい

そんな年にしたい
自分のなかの不安のようなものに答えをもたらしてくれるのは
きっと自分の行動だけなのだから


DSC02603







sorayuki_1 at 12:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月12日

HIMALAYAN MATERIAL ヘンプリュック2号


今日は、
葉山芸術祭 青空アート市に行ってきました。

私の大好きな 
HIMALAYAN MATERIAL(ヒマラヤンマテリアル)さんが
初出店とのこと

私のリュックは、もうだいぶおつかれなので
みてもらいました

2008年に買ったので4年間使い続けて来ました。
4月から「もりのわ」が始まって、荷物が多いのでいっそう傷んでしまいました


リュックを新調して
今までのリュックは修理をお願いしました

DSC00244

あたらしいリュックは、緑色
フロント部分はイラクサを使っていて丈夫とのこと

緑は、ミロバランという
ネパールで採れる木の実を使って
染めているそうです


ミロバラン
別名:呵梨靱(かりろく)

植物から繊維を採り紡ぎ、染め、織る

ネパールの人たちの手作業と、遠藤さんのデザイン
心が伝わるもの作りをされている
HIMALAYAN MATERIAL
やっぱりいいなあ


これからは2つのリュックで
森にお散歩にでかけます♪


2008.1 に書いた記事です
HIMALAYAN MATERIAL ヒマラヤンマテリアルのヘンプリュックサック



たくさんのお店が並ぶなか
綿くり機を回している方が。
うれしい再会♪

鴨川和棉農園での綿紡ぎワークショップでお世話になった
久保さんに再会

鴨川和棉農園のスタッフだけど、ご近所さんなのです
棉を育て、紡いで布をつくる
葉山逗子界隈でも活躍中の作家さんです

「もりのわ」でも去年育てた和棉を紡いで
草木染めをやってみたいです♪


「波の子」(久保さん)


DSC00270
写真は、葉山のたこ焼き屋さん「チャルカ」のたこ焼き
お醤油をかけてありました
明石焼きみたいにふわふわでした






sorayuki_1 at 16:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月16日

初ちくちく ふくろう


羊毛ちくちく

ふくろうの指人形できました
わーい(^_^)/

森のなかまたちを
作りたいです

ちくちく
たのしい時間

CA310066



sorayuki_1 at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月29日

中華こうなん おじさんの深い話


私が長年通うお店、また行きたいなと思うお店はふたつ
そのひとつ 中華こうなん

野菜たっぷりで、めちゃ旨い!

これは、パイコー飯
CA319568

中華こうなんが11月末で閉店になるという

あいよのおじさんに「さびしいです」というと
(注文を聞くと、「あいよー」というから)

「もう体力の限界だ」という。

おじさんが次々に話してくれたことが、
ひとつひとつそのとおり。(以下要約)


「職人を育てるには時間がかかるんだ」

「汗水流して仕事を覚える。今それをやろうとする若者はいなくなったよ。
親も苦労する仕事はやめろというだろ」

「今外食は、牛丼とか、◯◯(チェーンレストラン名)とか、
本当に旨い!と思うのではなくて
お腹をいっぱいにすることが主流になってしまった」

「まわりをみてごらん。街は変わったよ」

「デパ地下で一番売れているのは、総菜だよ。
完成したものを買う時代になってしまった」

「働く対価が低すぎる。なんでも中国。今はベトナムまでになってるよ」

「なんでもアメリカの真似をする」

「今、総理大臣が次々変わって、民主党はだめだというけれど、
自民党のときだって、次々変わっていたんだから
民主党が問題なわけじゃない(問題は別にある)」

「飲みに行っても、社会のこととか真面目な話をすると、
酒がまずくなるからやめろといわれる。
ありきたいのない話をしてる。
坂本龍馬は命がけで話をしたよ」


私は、おじさん世代の人たちといる機会は格段多いと自覚してるけれど、
この社会を作ってきたのに、
今悪いことをひと事のように言っている人がようよういる。

おじさんは毎日毎日、立ち仕事
暑い厨房に立って、中華鍋をふるいながら
本当に大切なことを
その身をもって示す
そうして今、こうして話してる

おじさんはいつもお客さんがいっぱいで、忙しいし、
会話らしい会話なんてしたことはなかったのだけど、
話を聞いていて、すごいなあとしみじみ。


CA319569


でも、やっぱりこんなに美味しいのにざんねん


「やめるのも大変よ」とおばさんが言う

「まだ1カ月やってるからねー」と
おじさんは言った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2013.1 追記


その後、
閉店間際、行列を待って、家族で食べた。

一緒に食べに行ったことはこれが初めてで
それぞれに通っていた、中華こうなん


・・・
それから一年
中華こうなんが無くなってしまったのをみるのが
なんとなく嫌で、あの道を通らなくなった
(もともと中華こうなんに行くためしか通らない道ですが)

メガネを新調しに行ったので
今、どうなっているかなと寄ってみた

そのままの外観
中華料理や 
名前は「美江南(みこうなん)」

誰か引き継いだのか?と思ったり
迷ったけど入った

店に入ってすぐ、違うとわかった
(日ノ出町の中華屋さんが移転してきたそうです)


でも居抜きなのでほとんどそのまま
「こうなんそば」とか「中華こうなん」と同じメニューもある

いつものカウンター席に座って
かたやきそばを食べてみた
やっぱりちがう、かたやきそば

違う店なので当たり前だけど
違う店として、味はイケてた

ふと振り返るとお店が広くなっていて、おどろいた
帰りにガムをもらうこともない

違うお店として
ここに構えたハードルの高さはあるだろう
また来てもいいかなと思うけど

忙しそうに鍋を振るおじさんがいないのは
やっぱりさみしい










sorayuki_1 at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)