2011年12月

2011年12月31日

往く年2011


2011年 ことし

3.11

東電、政府を筆頭に、
人の愚かさや
考え方のあまりのちがいに
虚無感がいっぱい

本当に悲しくて
言葉もでないくらいに

泣いて、話して
助けてもらった


それとは逆に
おんなじ想いや考え方を
話して、話して、共感を覚えながら
つながりを思った


3.11

誰しもがこの日から
たくさんの思いを巡らせたことだろう


私は
なにができるのかいうことと
なにをしたいのかということを

「はじめよう」と思った

きっと
この2011年だったから

「はじめなければいけない」という想いでも


そしてそれは
今までにない自分たちの力で創る
ちいさくて大きいもの

今までの共感してきた人たちとはまた違う
共感してもらおうと
まだ見ぬ人たちへと投げかけてゆく


それは
今私たちが

とても愉しい、そして
今いちばん必要で、できることだと信じたい


何かと何かを分かつことのない社会
それを
小さな子どもたちから


人の愚かさや
考え方のあまりのちがいに
今も
虚無感がいっぱい


でも今この世界を 社会の中で
自分はと、自分たちでと
変わっていくしかない

なにより
この土が、緑の木々が美しいものだと伝えたい


2011年はもうすぐ終わる
そうしてまた、続きの新しい日が始まる


CA319589



2012年4月開園

どうぞよろしく。





sorayuki_1 at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今おもうこと