2010年11月

2010年11月06日

鴨川和棉農園 〜棉から綿へ/その1 綿くり〜


棉から綿へ

DSC00222

糸紡ぎができるまでには
綿くり、綿打ちの行程がある


まずは、種と綿を分ける「綿くり」

[綿くり機]
DSC00416

木の部品を組み合わせて作られている、綿くり機。
ハンドルをまわしてローラーを動かし、
種と綿に分ける

DSC00005

くるくるとハンドルを回し
少しずつ綿を挟み込む

田畑さんの作った綿くり機は、
音も静かで綿と種がきれいに分かれる
気持ちのよい作業♪

種は箱にたまってゆく

綿くり機のお手入れはグリスを使うこと
(植物性の油脂は使わない)

DSC00337

田畑さんの試行錯誤の末、
完成した綿くり機

手のひらになじむ
手動の道具

[棉の種と綿]
DSC00405

手仕事には手のひらにはじむ道具
動力(電力など)を使わないのが心地よい
手仕事はひとつひとつに向き合える

それはとても大切なことに繋がっている









sorayuki_1 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

和棉の収穫その2 〜和棉と虫たち〜


DSC00222

和棉は強くて虫も付きにくい

対して
米綿は、大量の農薬をかけているのは虫が付きやすいからと、
収穫する時に葉が邪魔になる為、葉を落とすために農薬をかける

和棉も
苗が小さい頃はヨトウムシの害が大きいらしいが、

和棉を収穫しながら、生きものたちに出会うとうれしくなる

幼虫も
DSC00243

バッタも
DSC00363

棉のなかにもいた〜
DSC00364

み〜つけた!
ホウネンタワラバチの繭
いいじゃないか「豊年俵」
DSC00343

棉、いっぱい穫れましたよ
DSC00346




sorayuki_1 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)しあわせのとびら 

鴨川和棉農園 〜和棉の収穫その1〜


千葉 安房鴨川
鴨川和棉農園へ

一泊二日の糸紡ぎワークショップ

衣食住のなかで
いちばん「衣」のことがわからない
自分の暮らしを自分の手で。
そんな理由で


まずは和棉畑で棉の収穫
棉の栽培方法を教わる


鴨川和棉農園の畑(品種:大島在来)
DSC00378

和棉のつぼみ
DSC00365

和棉の花
DSC00162

和棉の実(コットンボール)
DSC00231

コットンボールがはじけて棉が顔を出す
まだ、萼(がく)が緑色の時は収穫待ち
DSC00211

収穫どきの棉
DSC00222

時間が経つと、棉が下がってくる
(やがて落ちる)
DSC00367


和棉を握ると、しっとりとやわらかで
なんとも気持ちいい

ふかふか 心地いい
こんな植物の恵みがあるなんて

一本の和棉から
20個くらいの実がなる
ひとつの実は3〜4の房があり
DSC00262

DSC00295DSC00289

種はひとつに7つほど入っている
4×7×20 =一本で
560個程の種

DSC00368

棉をひっぱると、すうっと棉が外れる
その感触が心地よい
DSC00270


ああ、和棉にはまりそうだ...
収穫をしながら、棉の感触にうっとりしながら
そう思っていた



和棉栽培メモ
・日当り良く、水はけがよいところ
・種を蒔くとき 水をまぶして水をすて、灰をもみこむ
・畝幅は70㎝ 畝間10㎝
・初期は草に負けやすいので、草取りをする
・栄養がありすぎると棉はつかない
・追肥はしない
・7月に摘心(腰下あたりの高さ) 横に伸びたら摘心
・収穫したら1、2日天日干し







sorayuki_1 at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)