2010年10月

2010年10月14日

「ミツバチの羽音と地球の回転」

3年前にみた地元での「六ヶ所村ラプソディ」
今日は、鎌仲ひとみ監督最新作の「ミツバチの羽音と地球の回転」を
3年前と同じ場所で観る

・・・。
映画は当初から映像が揺れていて
私は映像酔いをしてしまい、ほろほろ状態
なので、あまりちゃんと観れてないけれど思ったことメモ


海にたわわに育つヒジキと
びわの花に集まるミツバチの羽音

自分の一生
故郷で生きる決意

大きな豊かさ(本当の?)を作り出すための
大いなる犠牲
巨大な会社の事と也と国家の計画

それがほんとうの豊かさなのか

それを利用して暮らす多くの人々は
(私自身も含めて)まだ知らないでいる

なにが本当か
なにが大切なのか

ほんとうに必要なものなのか
それを造ることで犠牲になろうとしている大いなるもの


ミツバチの羽音に
耳を傾けられ続けることができる感覚で

破壊し続ける現在と
自ら創りだして暮らしてきた歴史と
つながり合う未来と

なにがほんとうの豊かさであるのか

どんな未来を描こう
描きたいのか
私は選ぶ

大きな仕組みに向き合うことは難しくもあるけれど
思いは変えない




映画「ミツバチの羽音と地球の回転」公式サイト


sorayuki_1 at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)cinema 

2010年10月05日

金木犀


DSC00112

 

今年も玄関の金木犀の花が咲き
気がつけば
むせかえるような匂い

大切に思う人は
あたりまえにいるのではなく
自分から大切にしなければいけない

言葉は想い

 

DSC00473

 

今年も金木犀の花が咲く

どうしたって聴きたくなる曲

 


桃色 紫 紅色
山吹色の金木犀

あなたがため 
あなたが好き
池ができるほどの涙
あなたがため 
あなたが好き
星の紅を口にぬった

ああ 頂だい 
愛 頂だい

金木犀の香りに 
抱かれて抱かれた日々
二度と戻らぬと承知で
あなたに恋い焦がれる

「金木犀」笹川美和


 



sorayuki_1 at 00:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ほっこり生活