2009年11月

2009年11月18日

「土」と「心」が創る「持続可能な社会」~ サティシュ・クマール講演会2009 ~ 

~ サティシュ・クマール講演会2009 ~

つながりを取りもどすために
「土」と「心」が創る「持続可能な社会」



ほんとうに地球が健康でないかぎり...

個人のしあわせ 人々のしあわせ 地球のしあわせは
境目のない連続性にある

Soil Soul Society
土と心と社会

3つの概念

自由 平等 博愛 → 心 体 精神

20世紀は経済の世紀 お金を中心
21世紀は環境とエコロジーの世紀 自然を中心に

Soil 土
私たちのいのちのめぐみすべて 大地から生まれた
土は自然のすべてをあらわしている

土地を大切にし、自然を大事にすれば、持続可能なくらしができるはず

19~20世紀
自然は人間が使うのものであるという思想
自然界の支配者
熱帯雨林をつぶし 海をとり尽くし 水を汚し...

新鮮な空気 清らかな水 
人は自然にどんなお返しをしてきたことでしょう

自然に対してすることは 自分にすること

ーーーーーーーーーーーーーーーー

個人の成長をなくして社会の成長はない
私たちすべては大きな可能性をひめている

どんな社会をつくってしまったのか
1/6の人々がごはんをたべれず眠る

どんな社会にしたいのか...

個人的な活動と切り離すことはできない
平和というのはすべてをもたらしている概念

+Peace
Soil Soul Society

shanti shanti shanti  Ω

ポジティブには調和が存在する

大地との平和を取り戻す
すべての人々との平和を回復する

新しい人類のビジョン
現在を悲観してはいけない

温暖化 経済破綻 気候変動...


"機会"としてとらえる
恐怖へのメッセージではない 契機として

新しいデザイン システム 未来をみすえた 
どんな社会にしたいのか

将来への不安、抑圧からの解放
自然のゆたかさを信頼する生き方へ

*  *  *  *  *  *  *

自分が創りだしたいと思う変化を
自分の中に、実践の中に創ること

サティシュさんのひとことひとことは、
慈愛に満ちて 
日々の実践=暮らし方から成る 信頼感をもって
あたたかな道を照らす

一人一人の力、思いを大きいと言い、
「できる」「これでいい」と
背中をおしてくれるよう

未来への不安や、現在の満ち足りなさも
毎日のひとつひとつに真摯に向き合うということで
そこに「しあわせのカケラ」をみつけられる。そんな気がして

しあわせのとびらは、私がひらく。

目をつぶれば、サティシュさんの穏やかな笑顔がみえる
私もそんなふうに生きたいし、
私が思う 私らしい生き方がしたい

サティシュさんの言葉を素直に受けとめ
心ふるえる気持ちをずっと持ち続けたい

ありがとう
shanti shanti shanti



sorayuki_1 at 19:08|Permalinkしあわせのとびら 

2009年11月10日

さつまいもはたけでおいもほり


もりもり
さつまいも畑

無事できてあんしん。うれし。

今日はおいもほり

da14a23f.jpg

子どもたちが掘りやすいように
つるをとる。
ひとつつるを残し、子どもたちがひっぱる

fb9fdc5c.jpg

おいもがでてきた

69f295c8.jpg

チッ素固定にと移植した
キクイモもほっこり採れた

おいもほりのあとは
藁でマルチング

489dae5b.jpg


さつまいもの茎は、きんぴらにして
今日のおやつになりました。


ひとりの子どもが
ゆきんこさん(仮名)は
「ムーミンのヘムレンさんみたい」と笑って言った。


一年めのまんまる畑
まあまあよくできました♪


2009.6 「ほいくえんでパーマカルチャー」




at 12:19|Permalinkしあわせのとびら