2008年11月

2008年11月21日

子どもたちとみた11月


たくさん歩いた11月の山

26102b82.jpg

夏につぼみをみたユリ
花が咲いた頃には来れなかったけど、
種がちゃんとできていました

なかにはぎっしりの種
ぱらぱらおもしろいタネ

edb9e1b7.jpg
[ユリのなかまの種]

ふわふわ おおきな綿ぼうし
398e6c73.jpg
[? 知りたい。]



at 11:08|Permalink歳時記/生きもの暦 

2008年11月03日

「みんな生きなければならない」ヒト・ムシ・トリ 農事民族館


「みんな生きなければならない」ヒト・ムシ・トリ 農事民族館
980d562f.jpg

東京都世田谷区等々力4丁目23番地
ここの居住者の住人のひとり
ヒキガエル夫妻

e25d5e3c.jpg

都会のなかの有機農業
世田谷大平農園

U字溝に生まれたヒキガエルの卵
子どもたちがすかさず発見。オタマジャクシになるのを待つ。
軽トラに乗って行われた役所のU字溝への消毒薬散布

オタマジャクシになることなく卵は死んだ
道路には、ぺしゃんこになったカエル

都市化という名の環境破壊

四百年続く農家。
当主は十一代目
永久農業経営を宣言している

農薬も化学肥料も使わない有機農法
農耕二千年
日本人がつくりあげてきた堆肥

先代は、ビニールハウスを開発し、促成栽培を世に広げた
そして様々な農薬を使用してきた
効かなくなったら次の農薬を。
人の体も変調をきたすようになった。

先代が亡くなり、農薬をやめることを選択した。

”昔はみんな農薬を使わなくたってできた” んだから
おばあが言った。

農薬で死んだ土を甦らせるまでに3年
3年は、虫の生態を知り理解する期間

大平さんの野菜は腐らない
木村さんのりんごのよう

食い食われる生きものたち
相手を食い尽くすようなことはしない
生物どうしのかかわり方

f236d24e.jpg

ジョロウグモが命をかけて卵をうみ
還ったクモの子たちは、風に乗って旅立ってゆく

畑のよこの草むらは、虫たちの保護区。
畑のよこにコマツナの種を蒔く
冬、ムクドリたちのために。
ムクドリの援農


鳥なく環境(さと)こそ、人間にとって生きるための絶対条件
まちがっても、鳥の鳴き声のしない「沈黙の春」を到来させてはならない


「みんな生きなければならない」ヒト・ムシ・トリ 農事民族館
1983年 企画・制作 菊池周




at 16:40|Permalinkcinema 

「根の国」


「根の国」

それは
日本神話にも登場する異なる世界

根はニライ
生命や富の根源の地

29a1bd79.jpg

太陽と水と空気で創りだす
すべての生物はみな土に戻って、土を肥やす

土に還る

1a14e7ad.jpg

「虫」
ヒメミミズ、トビムシ、ササラダニ、ワラジムシの子ども...

「虫ばかりではない」
カビの集落、酵母菌 
放線菌の集落が抗生物質を作り出し土に広がってゆく

スプーン一杯(1g)に一億の微生物

「小さな宇宙」
ミミズのフンは小さな宇宙
そのなかにある、小さな生きものたちの生と死

「土を肥やす」
生きものが土を肥やす

バクテリアがダニを食べ、バクテリアを線虫が食べ...
生きものは死に、植物の根がその栄養を吸収する

「養分の吸収」
根のまわりに、動き回る小さな生命体たち

「根ノ国」
根は生きている
おびただしい数の根毛
根と微生物のバトル
根は微生物に養分を与え、
微生物から栄養をもらう

0e6c9cec.jpg

根の国にひろがる世界
植物と微生物と土の関係
4億年のつきあい

農薬を空中散布するヘリコプター
4億年のつきあいと、この数十年ばかりの近代農業。
化成肥料、農薬。

ナレーションは続く
「なにを殺そうというのか」

そこに、根の国の小宇宙と、
ほんとうのいのちと、つながるものはあるのか。


3f0e565f.jpg

その
根の国の小さな小さないきものたちの姿は、
人の目にはみえない


「根ノ国」 1981年 菊池周 制作作品



at 13:35|Permalinkcinema