2008年04月

2008年04月11日

パーマカルチャー キッズ&ファミリープログラム

2cd098e3.jpg


詳細ブログ http://pccjkids.exblog.jp/
「パーマカルチャー キッズ&ファミリープログラム」



パーマカルチャーという言葉を知って何年経ったろう。

それからの私は、
仕事や、住む家といったハードなぶぶんや、
そう在りたいと思う気持ちのようなソフトなぶぶんも

パーマカルチャーの
倫理観や世界観に学んだように思う。


「生物多様性」が、「持続性」の最も明確な試金石なのならば、
その「持続可能な社会づくり」のための、
人々の作法としての、一つの確かな考え方であり、方法論であるのが
パーマカルチャー。

人にとっても自然にとってもより良いものにしてゆく、
包括的な、広い視野を持っているように思う。

パーマカルチャーデザインコース、実習コースを学んで、
思う未来のキーワードは、
"コンセンサス"、"コミュニティ"
そして、"子どもの教育"
なのではないかと感じている。

今年から、
藤野町のパーマカルチャーセンタージャパン(PCCJ)にて
年4回のプログラムを担当する。

PCCJの冠を背負うことになる緊張の心持ち。
パーマカルチャーデザイナーのたまごたちに、
やってみろよと言ってくれた設楽さんに感謝。

どんなことを伝えたいのか、
ただの農体験ではなく、自然体験でもない、
パーマカルチャーの倫理観、世界観をプログラムを通じて
子どもたちに、親御さんに
体験、体感していただけたらと思っている。

私の感動したこと、
私が大切だと感じていること、
その実体験から、
趣意を描き、プログラム立案をした。

b0e95454.jpg

子どもたちの、何かを感じとる力を、
無限の好奇心のようなこころを大切にできたらと思う。
プログラムの文章にはない、目にみえない
その人と人のつながりのなかでの心のうごきのなかで、
何かを見いだせるといいなあと思っている。

自分のできること、ふだんのなかにあるものを
気張らず、できたらと思っている。
さあ、まえにすすめ。自分。



よかったら、開催趣意書をご覧下さい。
パーマカルチャー キッズ&ファミリープログラム 開催趣意

センス・オブ・ワンダー
?感じるこころ。子どもたちが創るこれからの未来にできること?



主催 パーマカルチャーセンタージャパン

at 22:31|Permalinkパーマカルチャー 

2008年04月06日

Joeのくれたもの ?Rainbow Vally Farm?


2008.2.14 
New Zealand
Joeが天国にいった日

aed7f73d.jpg

2008.4.6
Tokyo
Joeの追悼集会

映像のなかで
大勢の人びとがJoeとお別れをしていた

Joeの生い立ち
Trishとの出逢い
そして二人がつくりあげてきた
Rainbow Vally Farm
のこと

人々は、軽やかな音楽のなか
思い思いの服装をして
ときにはその生い立ちに笑い
Joeとのさいごのお別れをしていた

あの Matakanaの人たちの
Farmer's Market は、
これからもJoeの意思を受継いでゆくだろう

b381dae8.jpg

Joeの棺は
あの青いトラックの荷台にのせられて
その会場をあとにした

bced6b0f.jpg


Joeが教えてくれたこと
Joeのくれたもの

これからの私になかができるだろう
RVFに、Joeに出逢った人たちは
それぞれにそれぞれのやりかたで
その思いを受け継いでゆくだろう

4672c3be.jpg

ウレシパモシリの酒匂さんが
Rainbow Vally Farm の種をみんなに届けてくれた

ズッキーニの種

いのちの種を
おもいの種を

ec8bd338.jpg

Joeのように
蒔きつづけて生きたい

a05ce399.jpg

Joeありがとう



Joe ありがとう ?Rainbow Valley Farm?


at 22:21|Permalinkパーマカルチャー 

2008年04月04日

ヤブカンゾウ も、食べた。


去年の春、
パーマカルチャーセンタージャパンのごはんで
食べた味が忘れられず、
センターの畑から、
引っこ抜いてきて、植えたヤブカンゾウ。

にょきにょき出てきた春

[ヤブカンゾウ(薮萓草)ユリ科]
a7a61378.jpg


私、食べます。

だけど、
ニリンソウのようにいっぱいはないのと、
ユリ科で、あの咲かせる花を思うと、なんだか貴重な気がして
いっこ採っただけにしました。

また、来年きっと増えてくれるでしょう。

[左:ヤブカンゾウ 右:ニリンソウ]
ac6af91d.jpg

酢みそ ぬたがとっても美味。
今日は、柚子味噌をつけていただきます。

ヤブカンゾウ、うまー。

0d38b07b.jpg


こちらは、もうフキ。
フキノトウの時期を逃した感のある今年。
天ぷらもできなかったしなあ。ざんねん。

[フキ(蕗)キク科]
7f5b5161.jpg

伸びてしまった蕗の薹(フキノトウ)は、
ふきのとう味噌にしました。

あったかごはんにのっけて。
ほろ苦いのがおいしいね♪
春の味。

b3e02567.jpg



at 19:39|Permalinkほっこり生活 

スプリング・エフェメラル ニリンソウ 食べた。


玄関を出ると
白い花がいっぱい咲いています

下界(笑)におりる細い道は、
この白い花、ニリンソウの群落

30a332c9.jpg

ニリンソウは、
スプリング・エフェメラル(春のはかない命)といわれ、
春、花が咲きおわると、葉もあとかたもなく消えてしまう。
そして、また冬を越し、春になるとあらわれる。

[同じところから茎が2本伸び、二輪の花を咲かせることから]
[ニリンソウ(二輪草)キンポウゲ科]
0388ab54.jpg

ニリンソウは、各地で保全がすすんでいる植物でもあります。

今年は、坂のところだけでなく、
家のまわりのそここに。
確実に、この2年で増えています。

fd4ca3ef.jpg

待っていました、ニリンソウ。

私は、「食べます!」

04c36676.jpg
[若い葉を摘んで食べます]
[花が咲いていないとトリカブトに似ているから気をつけてね]


病気や、虫のついていない葉を摘み取るのは
けっこうたいへんな作業です

だけど、わくわくたのしいひとときです♪

ウグイスもじょうずに鳴いています

ff162ea9.jpg

基本のおひたし

d4dc0cad.jpg

かつおぶし+しょうゆ

846f7bef.jpg


野草を食べる
山小屋(我が家)の愉しみ♪



at 19:07|Permalinkほっこり生活 

タラノメ物語

去年植えた
トゲナシタラノキ

あの春の味覚を
たのしみにしていました。

冬芽(葉痕)の模様が
おもしろい

[2月17日]
[タラノキ(?の木)ウコギ科]
51a16963.jpg

いよいよ
いよいよだよー

虫たちがさっそく集まっていて。
さすが、この美味しさは虫たちも知っているのだな。
激戦になりそう(笑)。

[3月16日]
828db6d5.jpg

...

今か今かと待っている間に、
ひとつ採るのもったいないなあと迷っている間に、

あああ...
ぐんぐん伸びてしまったタラノメ

[4月4日]
585d837d.jpg

また来年にします...



at 18:34|Permalinkほっこり生活