2005年05月

2005年05月29日

エノアール

東京。代々木公園。
休日はたくさんの人が憩う。
公園の木々のなかを左へ左へゆくと、そこは在る。
一面のブルーのテント。
広がる野いちごの野原。

821ce82c.jpg
野いちご&ブルーテント と わたぼうし&ブルーテント14064567.jpg











喫茶エノアールという名は、某有名喫茶室から。
木々に「絵(エ)」を架けてあるからエノアール。
おちゃめサンな名前。

258e41f2.jpg

エノアールは、お金を要しない。
お茶をいただくかわりにお茶菓子などを持ち寄る。
ブルーテントで暮らす人たちのコミュニケーションの場に、
という主人の小川テツオさん。

今日はエノアールの絵を描く日。絵を描くのはひさしぶり。
もらった白い画用紙とクレヨンを手にとる。
空色、緑、若草色、茜色、青、黄色...
たくさん、たくさん色を重ねる。
茶色で一面を塗って、木の棒でひっかく。
懐かしい記憶。

今日、エノアールで絵を描いた。
暮らしの場の選択。自分の居場所。
生き方。考え方はさまざま。
自分の価値観だけではいたくはない。
私の視野はきっとまだまだせまい。

ただ確かなことは、
今日、私はエノアールで絵を描いた。
それがとても気持ちよかったということ。


3a86301d.jpg
エノアールの木 と 描いた私の木73432460.jpg
 
















at 00:44|Permalinkfavorite