2005年04月

2005年04月24日

ひとつだけの桜

ed157032.jpg

ひさしぶりにここへ。
ひとつだけの桜に逢いに。
よみがえる記憶。
すべてここは変ってしまった。このいっぽんの桜を残して。
小さな頃、ここは、
笹やぶのトンネルを抜けたひみつの基地。
山桜が咲いていた。
芝生の大きな庭の池には、いつも春にはカエルの卵。
ひみつ基地も、山桜も、カエルの池も、
なくなってしまったけれど、
木登りをしたこの桜だけが一本、
公園となったそのまんなかに残っている。
子どもでも登れる低い位置で枝分かれしている、その木。
何年もの月日を、ずっとここで過ごして。
ひとつだけの桜はずっとみてきた。
そこにあることがどんなにか心つよくするかしれない。
外灯に浮かび上がる満開の桜。
風に揺れ
いろんな想いが揺れている。


62b56c71.jpg


at 06:11|Permalinkfavorite 

2005年04月09日

青りんごの一日

青りんごは、お出かけしました。
電車に乗って、東京銀座へ。
Apple Storeは、洗練されていて、
正直ドキドキとしました。
青りんご、無事予約して、
ちょうどお昼どきだったので、
せっかくなのでと、きょろきょろとしながら散策。
赤い帆の古い感じのお店をみつけました。
よし、とお店の前に行くと、行列が。
行列は苦手な私ですが、りんごの時間にはまだなので
並んでみることにしました。
洋食「煉瓦亭」
おすすめは揚げ物ということなので、
リッチにオニオングラタンスープと上カツレツ。
おいしくいただきましたが、
当分おなかいっぱいです。

青りんごさんは無事助けてもらって、
ひと安心。
丸の内に行きました。
情報をもらっていたBeGood Cafeのイベントへ。
ナマケモノ倶楽部の世話人さんの
辻信一さんと中村さんのトーク。
ハチドリの話がありました。

森が火事になったとき、
たくさんの動物達が逃げて行きました。
そんななか、
ハチドリが、一滴一滴水を運んでいました。
動物達は思います。
「そんなことをしてどうなるの」
ハチドリは答えます。
「私にできることをしているだけです」

そんなお話。
地球にできること。戦争はNOということ。
そういう大きな大きなことを考えたりすると
ふと、どうにもこうにもと考えてしまう。
けれど、一滴一滴をすることから始まる。
今を批判するのではなく、始めよう。
そういうことなのだ。
辻さんが言っていた、
逃げた動物たちのなかにも、
子どもを守ろうとして逃げたのかもしれないと。
逃げることで精一杯だったのかもしれないと。
大切なことは、
ハチドリの行動を知ったとき、
そこで、どう思うかということ。
そういう心良さをもっていたい。

なるほどな。なるほどな。

言葉あそびだけれど、
MYおはしをすすめることを「はしわたし」
水筒をもつことを「好いとぅ」
うまいこと言うな。と思いました。

心楽しくなるcafeでした。
シキタさんが私のことを覚えていてくれて、
お話しに来てくれた。
今年もよろしくおねがいします。

素敵ないいこと始めよう。
フェアトレードオーガニックコーヒーおいしかったです。

ほくほく、青りんごさんとワタシ。家路に帰る。
こうして、青りんごさんも無事復帰。
次は私の番ですね。

Apple Storeの画面に映し出されてた
「正しいと信ずることを行いなさい。
結果がどう出るにせよ、
何もしなければ何の結果もないのだ。」
って、マホトマ・ガンジーさんの言葉をみたばかり。


こちらも楽しみ。
BeGood Cafeのプロジェクト ?愛・地球博
2005年愛・地球博 BeGood Cafe@地球村 
ナチュラルフード・カフェ&オーガニックガーデン




at 22:42|PermalinkBeGood