2005年03月

2005年03月27日

YES,I CAN !!

ebb28974.jpg

スペシャルオリンピックス長野、閉会式。
自分のなかのせいいっぱいを出すことの素晴らしさ。
タイムとか順位なんては、関係のない
ベストを尽くすこと。

白馬の真白な雪の上で、
たくさんのアスリートから
もらったものは
目にみえないかんじんなもの。

3aabd79a.jpg
 fc0c8abe.jpg

たくさんの感動をありがとう。
この大会に参加できたことがとてもうれしい。


閉会式でのスペシャルオリンピックスの創設者
ケネディ・ユニス・シュライバーさんの
スピーチは素晴らしかった。

スペシャルオリンピックスの誇り高きアスリートたちは、
自分の町でさえ、しばしば拒絶され、
必要以上に「NO」「NO」といわれることがあります。
しかし、彼らはこのアリーナに、
そして日本中に至るところの町村に、
そして世界中のありとあらゆるところにいます。
そして彼こそが「はい、私たちにはできます」
と伝える真のメッセンジャーなのです。
ですから私たちも閉会式の会場をあとにする際には
「はい、私たちにはできます」
といえるメッセンジャーになることを誓いましょう。
(中略)
また平和を確信し、恐怖を乗り越え
戦争に終止符を打つことができるかと尋ねられたら
「はい、できます」と答えましょう。
スペシャルオリンピックスのアスリートたち、
勇気があり、喜びに満ちあふれた、
素晴らしいアスリートたち、
チャンピオンであり、勝者であり、
Yesのメッセンジャーであるアスリートたちに
私もそして世界も感謝しています。
あなたたちは、
みんなが歓迎される世界を築く上での
私たちの希望なのです。
あなたたちから頂いた勇気が
私たちの一人一人の原動力になりますように祈っています。

スペシャルオリンピックスの精神にちなみ
遠い昔に書かれた言葉を思い出しましょう。
「信念、希望、愛」は、永遠に続きます。
しかし、これらの中でもっとも偉大なものは「愛」です。
そして、みなさんは、愛の勝利者です。
  thank you.



「Yes,we can」「Yes,I can」
私にも言えるかな。
「はい、私はできます」と。心がいつも。
そんな生き方がいい。


2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会ー長野




at 23:58|Permalinkしあわせのとびら