2012年01月06日

ETV特集 原発事故に立ち向かうコメ農家


お正月にみたテレビ
深夜に再放送されていたETV特集


ETV特集 原発事故に立ち向かうコメ農家(NHKホームページ)


福島県天栄村での
東電福島原発から降り注いだ
放射性セシウムのコメへの移行をいかに防ぐかという試み

そして
福島県大玉村の
コメ農家鈴木さんの東電との闘い

農地の放射能汚染の責任を問う

原発事故による東電への責任追及は
至極まっとうな思いだし、主張だと思う
そこに、手続きだの法律だのの壁が立ち塞がる

法律には、土壌の汚染について
()カッコ付けで
「放射性物質を除く」とあるらしい

これは、放射性物質汚染が後々問題になったとき、
責任を追求されることのないように
法律が先だって予防線を張ったということだ

本当に、法律はよく出来ている。
と、
皮肉を思い切り言いたくなる


前例はないからと事故証明は出さない行政
いったい前例は何処にあるというのだろう


どうしたら
東電の責任を問えるのか
法律をかいくぐらねばならない

法律を調べ、多くの労力を要する


どうして被害者がこんなにまでしなければならないのか
広範囲に、手に負えることのない
とんでもない汚染をしておきながら
東電は責任を問われることがないのか


「自分が先祖から受け継いで来た農地に
他人の力によって汚されたわけですから
それはしっかりと大掃除をして持っていってもらえるんであれば構いませんけども
人の家にゴミばらまいて毒ばらまいて
そのくらい我慢しろっていう、
そういう態度がまずおかしいと思うんですよ。

しっかりとまず事故の説明をし、謝り、謝罪し、
その次は損害賠償をする、誠意をもって。
この手続きさえ踏んでもらっていれば、私もこんなことはやりませんでした。

いきなり、事故の説明もしない、謝りもしない
損害賠償の請求しなさいと一方的に上から目線
そんな馬鹿な話ないと思います」



鈴木さんの言っていることは
どこまでもまっとうな意見だと思う


長男坊で、墓を守っている
先祖代々から受け継いできた
この土地を投げ出すことができないということの苦しさ
多くの米農家が集まる全国大会で
くやしいと、仲間だろ一緒に何かしてくれよ
きついんやと
なんかやらないと生きていけないんや
鈴木さんはそう話していた


たった一人で東電の前に立つ鈴木さん
向かう道すがら、警察官にデモですかと訊かれる
警察官がガードするのは東電の方



ぜひ見て下さい
「ETV特集 原発事故に立ち向かうコメ農家」(59分)
http://varadoga.blog136.fc2.com/blog-entry-8772.html



いったい何なんだと思う
怒らなきゃいけない
たとえ、電気を享受していたとしても

東電が汚したのだから東電が責任を取る
あたりまえのこと
この国が心底嫌いになる






sorayuki_1 at 02:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今おもうこと 

2011年12月31日

往く年2011


2011年 ことし

3.11

東電、政府を筆頭に、
人の愚かさや
考え方のあまりのちがいに
虚無感がいっぱい

本当に悲しくて
言葉もでないくらいに

泣いて、話して
助けてもらった


それとは逆に
おんなじ想いや考え方を
話して、話して、共感を覚えながら
つながりを思った


3.11

誰しもがこの日から
たくさんの思いを巡らせたことだろう


私は
なにができるのかいうことと
なにをしたいのかということを

「はじめよう」と思った

きっと
この2011年だったから

「はじめなければいけない」という想いでも


そしてそれは
今までにない自分たちの力で創る
ちいさくて大きいもの

今までの共感してきた人たちとはまた違う
共感してもらおうと
まだ見ぬ人たちへと投げかけてゆく


それは
今私たちが

とても愉しい、そして
今いちばん必要で、できることだと信じたい


何かと何かを分かつことのない社会
それを
小さな子どもたちから


人の愚かさや
考え方のあまりのちがいに
今も
虚無感がいっぱい


でも今この世界を 社会の中で
自分はと、自分たちでと
変わっていくしかない

なにより
この土が、緑の木々が美しいものだと伝えたい


2011年はもうすぐ終わる
そうしてまた、続きの新しい日が始まる


CA319589



2012年4月開園

どうぞよろしく。





sorayuki_1 at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)今おもうこと 

2011年11月18日

水俣・白河展


水俣・白河展
11月20日(日)までです。
水俣・白河展

震災前から、白河展開催は決まっていました。
福島で、水俣展が行われることは
ほんとうに運命的ともいえると思います。

今回の原発事故の構図は
水俣とおなじです。

もう60年が経とうとしている
水俣病


企業
地域の中での大企業
行政
国、政治家
マスコミ
地域の人たちの中での差別
高度経済成長

大きなものには逆らえない空気と
タブーにふれまいとする空気

地方から都市部の流れるモノ
便利で豊かな生活を求める都市部の人々

美しい景色、自然とともに生きている人々

真を届けようとするジャーナリスト、写真家

そして、患者さんたちの声

学ぶべきは、患者さんたちの想い
それは
人として本当の豊かさを知っている人たちの声
話合おうと声を出し続ける人たちの声

人間が生み出した毒も、自ら受け入れて暮らす人たちの想い
受け継がれてゆく命
それを「のさり」といえる人の境地


今、minamata から hukusima をみること
学ぶことはとても大切なことだと思います


[美しい不知火海]
DSC00368

今まで、地方の水俣展にはずっと行ってきたのに、
今年は、白河展に行くことができませんでした。
ざんねんです





sorayuki_1 at 09:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)しあわせのとびら | minamata