2016年10月10日

ここちよい暮らし講座10月 三日目

ここちよい暮らし講座 〜三日目レポート〜
畑作業と詩さんの種とり講座

にんにく
今年6月に収穫したものを風通しの良いところで保存
(9月中旬から植えて、翌6月に収穫)

落花生
5月→11月収穫 もうすぐ!
DSC08398

花嫁小豆(6月種まき)
赤と白のかわいいお豆
 
さつまいも(5月に苗を植える)
DSC08399

霜が降りる前に収穫する
10℃以下で枯れ始める。一度くらい霜が当たる位はいいがお早めに。
一週間くらい、陰干し。
つるについたまま保存すると長持ちする。(長野では年内で食べる)
 DSC08407

収穫したあとの、つるは土に還す
つるはいっぱい採って、炒めたり、お味噌汁に。
DSC08405

万願寺唐辛子、なす、トマト、チャイブ、パプリカ...などなど収穫


にんにくの植え付け
①鎌で草を刈る(草は刈る。抜かない)
根が土を耕してくれる

②畝立て
通路の土を畝に盛る

③球根を植える
10㎝の深さ 球根を上にむけて植える
株間15㎝ 5㎝土をかぶせる(*株間は入れたところの中心から中心)
土を押さえる(踏む)

④刈った草をかける
厚くかけても大丈夫

〜長さを測る〜
手のひら(パー20㎝、グー10㎝、親指から人差し指15㎝)
ノコギリ鎌(35㎝)、シャベル(15㎝)


人参
最終的に10㎝間隔で間引く
間引き菜おいしい!


ブランチ 石窯ピザ 収穫した野菜いろいろ
DSC08417
DSC08416

キャロブチョコ
DSC08419


種とり講座
固定種がその土地で馴染んだもの=在来種

 自分の畑に合っているー育てやすいー種が解決してくれる
市販のものF1(一代交配種) 農薬、化学肥料使用前提のタネ
二代目は質がばらける(芽が出ない、種を結ばないというわけではない)
→個性。自分の畑に合わせる。おいしい野菜になる

かぼちゃ
皮が白い、コルク質、くすんだような色 =おいしい!
種を採る場合には2ヶ月は追熟
雑種強性(交雑しやすい)
種とりは、株数が多い方(多くからとる方)が良い

きゅうり、ズッキーニ、なす
完熟前を食べているもの 

稲、大豆(豆類)
完熟を食べているもの

いいもの(食べておいしいもの)を種にする

トマト
DSC08426

瓶にトマトの種をスプーンですくっていれる(水は入れない)
→発酵(ゼリー質(発芽抑制物質)が溶けて、洗いやすくなる)
→2日目、ゆるくフタをしめる
→いいタネは沈む 水を捨てて残った種が、いい種。
→紙にはりつける(くっつく) 天気のいい時に行う コピー用紙の裏紙など
→乾かす 湿度少ない、温度の低いところで保存
DSC08427

かぼちゃ
網に入れてこすると果肉がとれやすい
DSC08432
DSC08430


かぼちゃ、きゅうり、ナス、トマト 2,3年はもつ
にんじん、玉ねぎ 1年(翌年)

ズッキーニ
水に浮くもの、沈むもの→沈むものを選ぶ

ピーマン
赤くなるまでおいておく 追熟とりだす

いんげん
中がカラカラになったら、とりだす。
茶色になったらすぐ収穫、その都度収穫、莢ごと乾かす
豆を取り出したらよく乾かす(黒いまめはほどほど)
枯れてから雨に当たらないようにする

オクラ
いんげんに同じ

ナス
1,2番花の実をたねとり用にする
その後のものだと、種とり用に時期が間に合わない
→霜が降りてしまう前に追熟させるため
トマトの様にたねとり。
やわらかい実(おいておくとやわらかくなる)をもみもみもんでタネとり
実を切って干す(乾いたタネをとる)方法もある
DSC08434


とうもろこし
カラカラになるまで株につけておいて、とる。
真ん中あたりのタネが良い。
スイートコーンはしわしわになる(白く透明)

にんじん、だいこん
抜いてみていいもの(抜いて確かめ)→埋め直す→花が咲く→タネをとる

DSC08424
DSC08423


DSC08411

藍(丸葉)
DSC08408



アーユルヴェーダのおさらい グループワークの劇つくり
Vata Pitta Kapha の特徴になぞらえて
「あけびみそ+ごはん」の劇。


木を描こう(パステル画)
DSC08438




 



sorayuki_1 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月21日

ここちよい暮らし講座5月


ここちよい暮らし講座2 〜5月レポート〜
テーマは、「パーマカルチャー」

シャンティクティツアー(kenji-i 案内) ちと私の補足加筆あり

〜パーマカルチャーの様々な要素を基に、
シャンティクティにはいろいろなものが作られている。
パーマカルチャー塾(実習コース)で、
私が以前に学んだコンポストトイレもその一つ。
それから10年程の月日が経ち、進化したシャンティクティのツアーです〜


なにもしないと森に向かう
ギリシャ、ローマ...かつての四大文明は、今は砂漠

日本人の暮らしを世界でしようとすると、地球が2.5個必要
more more教(モアモア教)から taru taru教(足る足る)へ。

ティク・ナット・ハンの言葉
" you have enough " 〜あなたはもう十分にもっている〜
DSC06817

ストロベイル 
藁、漆喰
「三匹のこぶた」のなかでは一番弱かった藁。
果たしてそうであるか? 
資本主義の限界 善と悪を超えた第三の世界へ
福岡正信 ジョンレノン 
ガンジー 無抵抗 無服従 同じ共通意識を持った人と在るしあわせ
DSC06819

籾殻ボイラー
地下資源をなるべく使わない
DSC06820

バイオジルフィルター
水の浄化システム
雨水を樽にため、水の流れのなかで酸素が入り浄化され、
小さい池に流れこむ
DSC06821

パーマカルチャー 1970年代 
ビル・モリソンとデビット・ホルムグレンによって提唱
持続的な暮らしのデザイン
持続的、多様性、調和
人への配慮、地球への配慮、余剰物の公平な分配

日本の里山文化 江戸の文化
自然農は善悪をこえた世界

参考図書「東アジア四千年の永続農業」(農文協)
 
" problem is solution "  問題(こそ)は、解決(の糸口)


ロックスパイラルガーデン
石を螺旋に立体的に配置する
石の蓄熱、上部は乾燥、下部は湿り気といった微気象を活かして、
そこに適した植物を植える 
DSC06823


キーホールガーデン

曲線による多様性を活かす
手の届きやすいベットガーデン 
曲線によって微生物(落ち葉なども)がとどまることも。
またその肥沃な土をなかのベットに入れたりもできる
DSC06824

かまど アースオーブン
熱の利用による温水システムもある
かまどの焚き口も多く、温水システムまである
こんな多機能なアースオーブンはみたことない!すごーい。

DSC06825

(モバイルしない)モバイルハウス
車の荷台に乗るサイズで、コンパクトでそこですべてがまかなえる家
DSC06826

家の内部
DSC06827

池 
その場所の観察で、じめじめしていた場所を掘り、池を作った
(パーマカルチャーではまず観察すること、が大切)
セリやマコモが育つ 野草を食べることができる
DSC06828

作業道具小屋と育苗ハウス
DSC06829

曲線のおうち ホビットハウス 
アースバックハウス 土嚢を積んでつくったおうち
DSC06830

シードハウス(種のおうち)種を保存している
アースバック、たたみベール(断熱効果)
DSC06831

曲線の美しさ かわいい建築 いいなあ
DSC06833

ティピカーデン
竹三本を結わいて、下から竹をかけてひもを回してゆく
12本で安定する
ビニールをかけたて、13本目を上からかければ温室に

DSC06834

優れもののじょうろ 
ふるいがつけられているので、詰まりしらず。
なかに細かいゴミがはいらず、スムーズに細かい水がかけられる

DSC06835

ライ麦で
DSC06840

ドアチャーム作り
DSC06839










sorayuki_1 at 06:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ほっこり生活 | パーマカルチャー

2013年05月05日

畔道じかん



今日は、だいすきな此処で Live

DSC03572

秘密のようなこの美しの谷戸田

はじめて此処に来たときの歓び
この田んぼは私の理想のような場処

そして数年後の今に、
子どもたちと此処を訪れることができているなんて
ご縁に感謝


お社からはじまる
ディジュリドゥとインデアンフルートの音

DSC03559

田んぼの畦に寝そべって聴いていた

雲が左から右へ
田んぼの上を滑空するツバメ
ウグイスの声、シュレーゲルアオガエルの声
新緑の木々の葉
畦に揺れるハルジオン

音楽に、畦草たちが踊っているようにもみえた

ほんとうにきれいだ

空をみて 田んぼをみて
こんなにのんびりとした時間は
ほんとうに久しぶりのような気がする

DSC03562

いいじかんでした。


畔道じかん 田んぼLive 2013.5.5


sorayuki_1 at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)いのちの声